TOP農産> SFP-4i

土壌・作物体総合分析装置 SFP-4i





SFP※1とは
一般に土壌診断の現場である土壌診断室では、多数の土壌・作物体試料と多岐にわたる土壌・作物体分析項目を迅速に測定する必要があります。
そこで、私たちはこのような診断現場の要望に応えるべく、複雑な前処理操作(抽出)、定量や機器の測定操作(発色、検量線作成など)を簡易・迅速化し、なお且つ高精度な分析を具現化することを目指しました。

SFPシリーズの初代であるSFP-1、続くSFP-2およびSFP-3は1981年(昭和56年)にスタートしたSPAD事業※2の成果として実用化されたものです。今般開発の4世代目となるSFP-4iでは、土壌分析項目の大幅な増大だけでなく、過去SFPシリーズで確立した作物体・水耕培養液・堆肥分析は勿論のこと、培土も新たな測定対象に加わり、これまで以上に広範囲な測定対象にも対応できるようになります。また、機器面でも安全性や操作性の向上が大きく図られており、知的(intelligent)・進歩的(improvement)で汎用分析機器とは一線を画する土壌・作物栄養診断向けの不可欠な(integral)分析機器として、国際的な(international)土壌診断の現場でお役に立てることを確信しています。

※1 SFPとはSpeCtro-Flame-Photometerの略称で、分光光度計と炎光光度計を組み合わせた装置です。
※2 SPAD®とは、農林水産省の土壌・作物体分析機器開発事業(Soil&PlantAnalyzerDevelopment)の略称です。



PDF版カタログ

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
最新のプラグインは下記のアイコンから、使用許諾契約条件をご覧いただき、無料でダウンロードできます。
※Adobe、Adobeロゴ、Adobe Readerはアドビ システムズ社の米国ならびに他の各国における商標または登録商標です。Adobe Readerの不具合や利用方法については、アドビシステムズ社へ直接お問い合わせください。




詳しい資料とカタログの請求,お問い合わせはこちらへ
富士平工業農産機器部 電話:03-3812-2276