TOP小動物>エインヘルニアプレート

エインヘルニアプレート



小動物会陰ヘルニア修復のためのシリコン製プレートです。
手術のリスクを下げ、簡素化し、時間の短縮がはかれます。
筋肉の萎縮があっても簡単に手術をすることができます。

※電子線滅菌済







■シリコンプレートの説明
本プレートの小で体重7kg、大で16kg までの動物の手術が可能で、図−1に示すシリコンプレートの円板部の穴を通し、周囲の組織と
縫合する。また、円板周囲のミゾにより陰部神経や会陰動静脈への圧迫をやわらげ、神経損傷や動静脈の充うっ血を防ぐことができる。
図−2に示すシリコンプレートの円筒部を腹腔部に向けることにより、腹腔臓器の再脱出を押さえ、また円筒部にあけた穴は、そこから
結合織の進入をゆるし、それによりシリコンプレートが、しっかりと固定されるのを期待するためのものである。

■手術方法
会陰ヘルニアの外科的修復法としては、@ヘルニアを形成している周囲の肛門括約筋、肛門拳筋、尾骨筋、内閉鎖筋を縫合する方法 
A内閉鎖筋を反転してヘルニア部を閉鎖する方法 Bメッシュ線維によりヘルニア部を閉鎖する方法 C精管を腹腔に固定する方法 
Dその他 があるが、いずれの方法も手術に長時間を要したり、再発したり、また手術がやりにくいなど、問題も多い。
シリコンプレートを用いる方法は、手術時間も極めて短く、筋肉の萎縮があっても簡単に手術することができる。

以下手術法について述べる。
1.肛門にキンチャク縫合を行う
2.去勢手術を施す
3.ヘルニア部の皮膚を切開してヘルニア輪を確認する
4.ヘルニア部に脱出している臓器を腹腔におしもどし、シリコンプレートをその部に装着する
5.シリコンプレートと周囲の尾骨筋、肛門拳筋、肛門括約筋、内閉鎖筋に縫合する
6.後腹膜を縫合する
7.余分の皮膚を切除後、皮膚を閉じる。縫合にあたっては、非吸収性のモノフィラメント縫合糸が、より好ましい